So-net無料ブログ作成

若者の社会への貢献意識 内閣府 [NEXT]

社会のために役立ち.png

内閣府の世論調査(4)社会への貢献意識。20代の結果のみ記載しました。
質問は「社会の一員として,何か社会のために役立ちたいと思っているか」
回答は「思っている」「あまり考えていない」です。

東日本大震災の前後
東日本大震災後の2012年度調査では、「社会のために役立ちたい」が70%になっていますが、2007年には、既に60%を超えていました。
私が若者だった1975年ころから、1990年までは30%代で、50%に達したのは、20世紀の終わり頃です。長期的に右肩上がりが続いていたのです。
詳しくは「絶望の国の幸福な若者たち」
今時の若者も何かを求めています。ネクスト草加(地域政党)を、仲介役にしましょう。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

「わくわくするまちを作ろう」「市民の立場から草加市のためにできる事はないか」という趣旨から、ネクスト草加は生まれました。知の共同体のプラットホームです。特に教育を重視しています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。