So-net無料ブログ作成
草加市議会 ブログトップ

津田洋一 草加市会議員候補 [草加市議会]

津田洋一さんが、10月26日の草加市議会選挙への立候補を表明しました。津田洋一草加市議会選挙 立候補者のHP「さらば無関心

20年草加市に住んでいます。二人の子供も成人しこの町には本当にお世話になりました。子育ての折は学童野球から始まり中体連、高校野球(市外でしたが)地元の大切さをしみじみ感じておりました。

プロジェクト01 草加の子供を日本一
街の子供は元気でなければなりません。スポーツでも勉強でも日本一の学童を育てましょう。教育体制の充実は当然のことですが、例えば甲子園の出場校を見ても学童のころから近隣で切磋琢磨した子供達が一つ高校に集まって・・というのを多く目にします。まずは学童での日本一を街が主体になって育てましょう。中学でも強化種目があってもいいかもしれません。そして高校は草加市の市立高校を設置し強い主体性をもって教育に当たりましょう。

プロジェクト02 いつでもどこでもだれとでもつながる街(情報サービス)
スマートフォンが普及し情報収集、連絡は場所を選びません。しかし街が主体性を持って地域の商業、サービスの発展、地元住民の生活の利便性などに寄与できる情報発信ができているとは言い難い。よってまず街の通信インフラをWiFiで整えます。その通信は住民には当然無料で開放します。さらに街の独自アプリを作成し小分けにした地域単位(たとえば商店街ごと、文化会館、図書館・・・)での個別情報も即とれるようにします。そのアプリを持った地域の住民は特別クーポンを受け取り店舗などに足を運ぶ・・、地域の活性化の促進になる、と希望は大きく膨らみます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

草加市の小中学校にエアコン [草加市議会]

草加市の小中学校にエアコンが設置されました。エアコンのリース代に年間1億円の税金が使われます。有効に活用する為に、夏休みを短縮、授業を実施して、学力の向上に努めるというのは、どうでしょうか。
桶川市では市内全小・中学校でエアコン設置工事を実施し、平成26年度から、市内公立小・中学校の夏休み期間を1週間短縮します。
そこで、問題になるのは教員の負担増ですが、解決方法はあります。

草加市議会の方々は、草加市の学力アップに真剣に取り組んで欲しいですね。さらに草加市長にはリーダーシップの発揮を期待します。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
草加市議会 ブログトップ

「わくわくするまちを作ろう」「市民の立場から草加市のためにできる事はないか」という趣旨から、ネクスト草加は生まれました。知の共同体のプラットホームです。特に教育を重視しています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。